責任ある飲酒をするためのヒント

責任を持ってハイネケンをお楽しみいただくための実用的なヒントをいくつかご紹介します。最も重要なのは、必ず正しい時間に正しい場所で、しかるべき理由を持って節度ある飲酒をすることです。


責任ある飲酒をするための 10 のヒント


    食べましょう。
    空腹時に飲酒しないでください。飲酒する前にできれば炭水化物を食べ、飲みながら軽食を取ってください。食べることでアルコールの吸収が遅くなり、活力が増してより楽しめるようになります。

    水を飲みましょう。
    アルコールを頼むところを、水と換えてみてください。こうすることで、常に水分が補給され、アルコール摂取速度が遅くなります。就寝前にグラス一杯の水を飲み干してください。

    自分の限度を知りましょう。
    1 日あたりのガイドラインは、男性で 3 ~ 4 単位、女性で 2 ~ 3 単位です。単位は常に 1 杯と同じ量というわけではなく、もっと多い場合もよくあります。

    小さめにしましょう。
    小さめのボトルやグラスを選んでください。

    継ぎ足しは避けましょう。
    アルコール摂取量を追跡するため、継ぎ足しは避けてください。

    余裕を持ちましょう。
    飲酒の合間にソフトドリンクを飲むことで、ゆったりとした夕べを過ごしてください。

    はしごに気をつけましょう。
    少しはしごをするか、はしごしないようにすることで常にコントロールしてください(お金も節約できます)。

    性別を考えましょう。
    女性の体の水分量は少ないため、女性は男性よりアルコールの影響を受けやすいことを知っておいてください。

    運転手を決めましょう。
    もしくは、出かける前に自宅までのタクシー代があるかどうか確認しましょう。

    休憩を入れましょう。
    肝臓を休めて回復させるようにしてください。そして万全の体調を保ちましょう。

飲酒量を減らすための 5 つのヒント


    冷やす数を減らしましょう。
    冷たいビールを 1、2 本楽しむなら、毎日それ以上の数のビールを冷蔵庫に入れないようにしましょう。家にビールがたくさんあっても、温かいと飲みたいとは思わないでしょう。

    飲酒本数を数えましょう。
    自宅での飲酒の頻度と量を分析してください。平均すると、思ったより多く晩酌している場合があります。

    飲酒量を減らすことによる短期的および長期的な効果を思い出してください。
    飲酒量を減らすと、がん、肝臓病、脳卒中などの重病になる長期的リスクが減り、肌の状態も向上します。また睡眠パターンにもプラス作用があります。

    ストレスフリー。
    リラックスするために飲酒する人もいますが、実際はアルコールによりさらに不安になりうつ状態になる場合もあります。アルコールを就業後の主なくつろぎにしないようにして、同僚とジムに出かけたり、自宅の浴槽にお湯を張ったり、リラックスできる音楽をかけたりして代わりになるストレス解消法を試してみてください。

    助けを求めましょう。
    飲酒量を減らそうとしていることを友人や家族に伝えてください。思っているよりサポートしてくれるはずです。自分の飲酒習慣に対してつらい努力をしたくないと考えている場合は、飲酒量を減らすことで得られるメリットを思い出しながら、自分の意思を守るような心構えをすることも大切です。

フォローする

Facebook Twitter YouTube